トップページ > 墓地・お墓Q&A > お墓Q&A(お墓を建てる)

墓地・お墓Q&A

お墓Q&A

各質問(Q)からクリックしてください。

お墓を建てる

1.お墓を建てるには何が必要ですか。
お墓を建てるには、とくに必要な書面はありません。
なお、お墓にお骨を埋葬するときには埋葬許可証が必要となります。
お墓を建てる手順については、ご建墓の手引きをご覧ください。(高野山中之橋霊園の例)
このページのトップ
2.お墓にはどのような種類があるのですか。
  • 家墓
    そもそもお墓は一基一霊が基本でしたが、明治時代以降、家墓が一般的になっていきました。一族で、代々受け継いでいきます。
    近年、少子化のために継承者がいない場合があり、無縁墓となってしまうこともあります。
  • 個人墓
    一人だけのお墓です。一代限りのものとなります。
  • 夫婦墓
    夫婦で入るお墓となります。一代限りのものとなります。
  • 両家墓
    一つのお墓に両家の家名を刻むのが一般的です。
  • 永代供養墓
    お墓の継承者がいない・将来的にいなくなるといった場合に、永代使用料を払うことで霊園等が管理や供養をするというものです。
このページのトップ
3.お墓のつくりについて、教えてください。
ひとことでお墓といっても様々な形があります。 和型三段墓や洋型のストレート・オルガンタイプといったものがあり、それらは墓石の種類によっても料金が変わってきます。
最近では、個性的なデザイン墓も多くなってきています。
ここでは、和型三段墓を例に、各名称をご紹介します。

このページのトップ
4.お墓を建てる時期はいつぐらいがよいのですか。(生前墓について)
特にいつがよいというものはありませんが、ご親戚などが集まりやすい忌明けや法要とあわせて建てる(開眼供養する)ことが多いようです。大切なのは、ご供養のお気持ちです。

生前墓を建てることも可能です。「寿陵(じゅりょう)」といい、長寿・子孫繁栄・家業繁栄の3つの徳があると言われています。
このページのトップ
5.お墓の継承者がいません。お墓を建てるべきではないでしょうか。
お墓の継承者がいない・将来的にいなくなるといった場合は、無縁墓となってしまいます。そのため、永代供養墓をお勧めします。
このページのトップ
6.自宅敷地内にお墓を建て、お骨を埋めてもよいのでしょうか。
埋葬・埋蔵については、法律によって「墓地以外の区域に行ってはならない」とされています。よってご自身の土地であっても、お墓を建ててお骨を埋めることはできません。
墓地には、公営墓地民営墓地といった種類があります。
このページのトップ
このページのトップ
  • 霊園のご案内
  • 行事のご案内
  • 周辺のご案内
  • アクセスマップ
  • 料金のご案内
  • ご建墓の手引き
  • 運営母体
  • 指定石材店案内
  • リンク集

法人のお客様

お墓についてのお問い合わせ・ご相談
管理事務所:0120-301-357 受付時間:9:00〜17:00
資料請求
パンフレットを差し上げます。 資料請求フォームにて承ります。